2019年2月24日(日)

ジョージア首都で豪雨、大洪水 動物園から猛獣逃げ出す

2015/6/15付
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】ジョージア(グルジア)の首都トビリシで13日夜、豪雨による大洪水が発生し、14日までに12人が死亡、24人が行方不明になった。動物園も被害に遭い、トラやライオン、クマ、オオカミなどの猛獣が市内に逃げ出し、警察が捜索している。インタファクス通信などが伝えた。

豪雨により川が氾濫し、民家や建物が次々と損壊。川の近くにあった動物園は大きな被害を受け、破壊されたおりなどから多くの動物が逃げた。洪水から動物を救おうとして、水害の犠牲になった職員もいるという。

猛獣については見つけ次第、危険性を考慮して射殺することにしており、警察の特殊部隊が病院の敷地内にいたオオカミ6匹を射殺した。このほかクマとハイエナを1匹ずつ射殺したという。

AP通信によると、路上に逃げ出したカバには麻酔銃が使われた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報