マグロ展示復活目指しハガツオ 葛西臨海水族園、環境調査

2015/5/15付
保存
共有
印刷
その他

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)は15日、大水槽にハガツオを追加して公開した。水槽では昨年からクロマグロが大量死しており、水族園はマグロの展示を復活させるために水槽の環境を調べる。22日にはスマも加える。

水槽のマグロは残り1匹で、水族園は6月にも新たなマグロを入れる。水族園は3~4月にアカシュモクザメやタカサゴを加えて水槽内の環境を確認してきた。特に問題は起きなかったため、マグロと同じサバ科で魚の分類の近いハガツオとスマの追加を決めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]