/

この記事は会員限定です

選挙権年齢下げ先行の欧州、若者自ら啓発 行政は資金提供

[有料会員限定]

日本より早く選挙権年齢を引き下げた欧州では、若者自身の力を生かして投票参加を促す取り組みが活発だ。2年前、欧州を視察したNPO法人「Rights」(東京都武蔵野市)によると、国や自治体が若者の団体に資金を提供し、活動が円滑に進むよう支援。小串聡彦副代表理事は「10代のことは10代が一番良く分かる」と話す。

選挙権年齢を16歳に引き下げ2014年9月に行われたドイツ・ブランデンブルク州の州議会選挙で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン