/

「茶のしずく」と33人和解 集団訴訟で初

「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使い、重い小麦アレルギーを発症したとして、大分、熊本、鹿児島県の20~60代の男女33人が、製造・販売した「悠香」(福岡県)と「フェニックス」(奈良県)の2社に1人1500万円の損害賠償を求めた集団訴訟は14日、熊本地裁(中村心裁判長)で和解した。2社は計約5千万円を支払う。

原告側弁護団によると、計28地裁・地裁支部に起こされた同種の集団訴訟で、原告全員が和解したのは初めて。詳しい和解内容は明らかにしていないが、謝罪や2社の法的責任は盛り込まれなかった。

訴状によると、33人は旧製品を使用後、小麦アレルギーを発症。食事や運動の制限、入院を迫られた原告もいると主張した。原告らは当初、原材料を販売した会社も提訴したが、同社は和解に応じず、原告側が訴えを取り下げた。

悠香は「各地の裁判所における同様の訴訟についても早期の和解を期して努力して参ります」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン