/

オスプレイ整備延期や飛行中止を要請 関係自治体

オスプレイ不時着事故受け

オスプレイの不時着事故を受け、オスプレイが訓練で利用する基地などを抱える自治体からは14日、定期整備の見合わせや飛行中止を求める声が相次いだ。

千葉県と同県木更津市は、陸上自衛隊木更津駐屯地で来年1月開始予定の定期整備を、安全確認ができるまで見合わせるよう求める要請書を防衛省北関東防衛局に提出した。森田健作知事は「事故発生は大変遺憾」と述べた。

神奈川県は防衛省南関東防衛局に対し、安全が確認されるまで県内の基地周辺を飛ばせないよう要請した。県によると、年に数回、訓練などの目的で厚木基地や横須賀基地を利用している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン