/

表紙替えて自著に偽装 韓国検察、教授179人を起訴

【ソウル=共同】韓国メディアによると、韓国検察は14日、他人の研究書の表紙だけを替え、自分の著書と偽って出版したとして、韓国の110の大学で勤務する計179人の教授を著作権法違反罪などで在宅や略式で起訴したと発表した。

韓国では表紙の掛け替えによる本の出版は1980年代からあったとされるが、これだけ大規模な摘発は例がないという。

起訴された教授たちは、大学との再契約のために実績を示す必要があり、他人の研究書に自分の名前を著者と記した表紙をつけて出版。理系の教授が大半で、出版社も不人気の理系学術書の在庫をさばくため協力していた。検察は出版社4社の計5人も在宅起訴した。

本来の著者も、自分の本が他人の名で出版されているのを知りながら、出版社から今後も著書を出してもらうために黙認していたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン