/

オスプレイ事故「看過できぬ」 沖縄知事が批判

青い波間で大破した機体の姿に、県内外で懸念が膨らんだ。米軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市沖に不時着した事故。翁長雄志県知事は14日、「看過できない」と批判のトーンを高め、パイロットを称賛した在沖縄米軍トップの言動も波紋を投げかけた。政府と沖縄の対立が続く基地問題にも影を落とす。

「当初から大変危惧しながらきょうまで来た。オスプレイが飛ぶような状況を看過することはできない」。沖縄県の翁長知事は14日夕、県庁で記者団を前に「改めて配備撤回を求めたい」と終始厳しい表情で強調した。

14日には、事故機とは別のオスプレイが米軍普天間基地(宜野湾市)で前日夜に胴体着陸トラブルを起こしていたことも新たに判明。翁長知事は「(名護市)辺野古に新基地を造らせないという信念を持ってがんばりたい」と話した。

「若いパイロットが最悪な事態において最善の判断をしたことは誇りに思う」。在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は14日に記者会見し、民家を避けて海に不時着したパイロットの判断を称賛し続けた。「日本を守るために多くの兵士が訓練している。任務の内容について謝ることはない」とも述べた。

これに沖縄側から異論が噴出。ニコルソン氏のもとを抗議に訪れた沖縄県の安慶田光男副知事は会談後、「きょうのような態度では、米軍を理解しようにも理解できない。植民地意識丸出しだ」と批判した。翁長知事も「米軍の考え方と県民感情には大きな隔たりがある」と不快感を示した。

辺野古地区を抱える名護市の稲嶺進市長は沖縄防衛局を訪ね、オスプレイ配備の即時撤回と辺野古移設の中止を申し入れた。稲嶺市長は「強行配備した結果の事故。日米両政府の責任は重大だ」と語気を強めた。宜野湾市の佐喜真淳市長も原因究明と再発防止を要請した。

本土でも不安が広がった。陸上自衛隊による佐賀空港への配備計画が進む佐賀市の主婦、片渕章子さん(49)は「ショックで思わず声を上げた。まさか本当に事故が起きるなんて」。

一方、同市の男性会社員(65)は「オスプレイに限らず事故は起きるもの」と冷静に受け止める。4月の熊本地震で救援物資の輸送を担ったことなどに触れ「正しく使えば利点もある。注意して運用してほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン