/

NZのコンサル、無登録で運用業 業務差し止め命令申し立て

証券取引等監視委員会は14日、無登録で投資運用業を手掛けていたとして、ニュージーランドのコンサルティング会社、マスターズディーピービーに一部業務の緊急差し止め命令を出すよう東京地裁に申し立てた。延べ940人から約7億円を集めたという。

監視委によると、同社は投資一任契約を結んだ顧客の資金を他の顧客の配当などに充てていた。非上場の株式で運用していたが、運用益は出ていなかったという。集めた資金がどの程度残っているかは明らかになっていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン