ビットコイン取引所運営の社長保釈 消失事件

2016/7/15 1:45
保存
共有
印刷
その他

仮想通貨ビットコインが大量に消失したとされる事件で、業務上横領罪などに問われた取引所運営会社社長のマルク・カルプレス被告(31)が14日、保釈された。東京地裁が13日に保釈を認める決定をし、被告は保釈保証金1千万円を納付した。カルプレス被告は昨年8月に逮捕、その後起訴され、地裁で公判前整理手続きが続いている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]