2017年12月16日(土)

肥満の原因酵素を特定 改善薬開発に期待 基礎生物研

2017/9/17 20:51
保存
共有
印刷
その他

 脳の摂食中枢で働き、肥満の原因となる酵素を特定したと、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが17日までに発表した。この酵素は血糖値を下げるインスリンの働きも阻害しているといい、同研究所の野田昌晴教授(神経生物学)は「酵素の働きを抑制する薬が開発できれば、肥満と糖尿病を改善できる」と期待している。

 チームによると、体内では、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが摂食中枢に作用して食べる量を調整しているが、肥満の人では必ずしも食べる量が抑えられていない。レプチンが働きにくくなっているためだが、その仕組みは分かっていなかった。

 チームは、摂食中枢にある神経細胞の表面で働き、さまざまな情報伝達に関わる酵素に着目。PTPRJという酵素の一種がレプチンの働きを抑えていることを見つけた。

 正常なマウスとPTPRJを持たないマウスに14週間、高脂肪食を与えて肥満状態にさせた後、レプチンを1週間続けて投与。正常なマウスではほとんど変化がなかったが、PTPRJがないマウスでは食べる量が約半分になり、体重も約20%減った。レプチンの働きがPTPRJで阻害されなかったためとみられる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府野田昌晴肥満基礎生物学研究所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報