/

大学入試新テスト、英語民間検定2回まで 文科省検討

大学入試センター試験に代えて2020年度に導入する新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」で、民間の検定試験を活用するとしていた英語について、2回まで受験できる案を軸に文部科学省が検討していることが14日、分かった。国語の記述式問題は、採点を大学ではなく民間業者のみに委託する方向で調整している。

同省は近く原案を示した上で高校、大学側などと検討・修正を重ね、6月にも新テストの実施方針として公表する。

英語の試験は英検やTOEICなどの民間試験を活用し、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を評価する。成績は点数ではなく語学力の国際規格に基づき、段階別で示す方針。高校3年の4~12月に複数回受けて成績が良い結果を採用できるが、居住地域や親の所得で左右されにくいよう受験回数に上限を設ける。

国語の記述問題の採点について、同省は回答文字数が80字以内の少ない問題は民間業者、多い問題は大学などが採点する2種類を実施する方向で検討していたが、大学側の採点の負担が大きいとして、民間業者に任せる方式に統一する方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン