/

新国立応募2陣営の外観など公表 整備費は1500億円弱

A案(上)とB案の新国立競技場イメージ図=日本スポーツ振興センター提供

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、整備主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、設計・施工に応募した2陣営が外観イメージや整備費、工期などをまとめた「技術提案書」をホームページで公表した。JSCは月内に事業者を選ぶ。

2陣営の案はいずれも木の特徴をいかした内容。A案は屋根に木を多用したデザインで、整備費は1489億円の予定。B案は72本の木製の柱でスタンドを囲む外観で、同1496億円を見込む。

JSCは業者名を明らかにしていないが、A案が大成建設などのグループ、B案が竹中工務店、清水建設、大林組の3社が組んだグループとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン