/

この記事は会員限定です

「反辺野古」で自民を圧倒 沖縄全4選挙区

[有料会員限定]

米軍普天間基地の移設計画で揺れる沖縄県では全4選挙区で自民候補が敗れ、沖縄1区では18年ぶりに共産党が小選挙区で議席を獲得した。

沖縄1区の共産前職、赤嶺政賢氏(66)は自民前職の国場幸之助氏(41)に競り勝ち、「県民の怒りが勝利に結びついた。(辺野古移設の)撤回を考えなければ世論が追い込んでいく」と頬を紅潮させながら話した。

共産候補が小選挙区で当選するのは1996年以来。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン