女性の再婚禁止期間「100日超」は違憲 最高裁初判断

2015/12/16 15:03
保存
共有
印刷
その他

女性は離婚後6カ月がたたないと再婚できないと定めた民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、同規定のうち、再婚禁止期間の100日を超える部分については違憲とする初の判決を言い渡した。原告の国に対する賠償請求は退けた。最高裁の違憲判決を受け、国会は同規定の改正を迫られる。

民法733条は「女性は離婚や結婚取り消しから6カ月を経た後でなければ再…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]