/

海に不時着「感謝されるべき」 在沖縄米軍トップ

オスプレイ事故巡り

在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は14日、米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)で記者会見し、オスプレイの不時着事故について「沖縄の人々に謝罪する」「誠に遺憾」と陳謝した。

一方、事故機を陸上ではなく海に不時着させたパイロットの判断については「沖縄の人々を守った。称賛を送りたい」と強調。「給油訓練は必要な訓練だ」と強い口調で主張する一幕もあった。

会見に先立ち、キャンプ瑞慶覧を抗議に訪れた沖縄県の安慶田光男副知事によると、ニコルソン氏は「パイロットは県民や住宅に被害を与えないようにした。感謝されるべきもので、表彰ものだ」とも発言したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン