吉永小百合さんに菊池寛賞 半藤一利さん、国枝慎吾さんらも

2015/10/14付
保存
共有
印刷
その他

第63回菊池寛賞(日本文学振興会主催)は14日までに、俳優の吉永小百合さん、ノンフィクション作家の半藤一利さんらに決まった。賞金は各100万円。贈呈式は12月上旬、東京都内で。受賞者と主な授賞理由は次の通り。(敬称略)

▽吉永小百合=広島、長崎の原爆詩の朗読会を30年にわたって続け、東日本大震災でも被災者の詩を朗読して復興を支援した。

▽半藤一利=「日本のいちばん長い日」など、当事者に直接取材し「戦争の真実」を追究した。

▽NHKスペシャル「カラーでよみがえる東京」「カラーでみる太平洋戦争」=最新のデジタル技術を駆使して、貴重なモノクロ映像のカラー化に成功した。

▽本の雑誌=エンターテインメント中心の書評などで日本の出版文化に独自の存在感を示した。

▽国枝慎吾=パラリンピックでの車いすテニス2連覇や、いち早くプロに転向しての活躍に。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]