手術後にわいせつで医師を起訴 準強制わいせつ罪

2016/9/15 0:11
共有
保存
印刷
その他

 手術後の女性患者に診察を装ってわいせつな行為をしたとして、東京地検は14日、柳原病院(東京・足立)の外科医、関根進容疑者(40)=文京区=を準強制わいせつ罪で起訴した。起訴状によると、自身が手術した30代の女性患者に診察の一環と誤信させ、病室で胸をなめるなどのわいせつな行為をしたとされる。

 同病院は関根被告が警視庁に逮捕された8月、ホームページ上で「不当逮捕に強く抗議する」などとするコメントを掲載した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
12:59
10:33

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報