/

生体肝移植後に4人死亡 神戸の病院、患者7人中

昨年11月に開設された「神戸国際フロンティアメディカルセンター」(神戸市中央区)で、3月末までに生体肝移植手術を受けた患者7人のうち4人が手術後1カ月以内に死亡していたことが14日、同センターへの取材でわかった。肝臓移植医らでつくる日本肝移植研究会が調査を始めた。

同センターによると、昨年12月から今年3月までに国内外の計7人に親族からの生体肝移植を実施し、うちインドネシア人2人、日本人2人が手術後に肝臓や腎臓の状態悪化などで死亡した。うち2人は15歳未満だった。

生体肝移植は患者の肝臓に臓器提供者の肝臓の一部を移植する。同センターの担当者は「余命が限られるなど厳しい状態の患者を受け入れ、リスクは事前に患者らにも説明した」とした上で、「手術ミスなどは無かったと考えており、研究会の調査に協力する」と話している。

同センターは神戸市が進める「医療産業都市構想」の一環として設立。京都大学名誉教授で生体肝移植手術を2000例ほど手掛けた田中紘一氏が院長を務め、手術目的で来日した外国人を積極的に受け入れている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン