宮内庁長官「第三者の推測、適切でない」 生前退位巡り

2016/7/14 14:30
保存
共有
印刷
その他

天皇陛下が皇太子さまに皇位を譲る「生前退位」の意向を示されていることについて、宮内庁の風岡典之長官は14日の記者会見で「従来から陛下は憲法上、制度や国政に関する発言はしていない。お務めの中で色々なお考えはあるが、第三者が推測や解説をするのは適切ではないので、お気持ちを表明することは控えたい」と述べた。「生前退位について官邸と相談しているということはない」とも話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]