2019年8月25日(日)

自動運転バス、公道で初の走行実験 秋田で

2016/11/14 11:30
保存
共有
印刷
その他

内閣府と国家戦略特区の秋田県仙北市は13日、運転手がいない自動運転バスに人を乗せて走らせる実証実験を同市内で実施した。ハンドルや運転席がない自動運転車を公道で走らせる実験は国内で初めて。今後は課題などを検証し、実用化に向けた検討を進める。

無人運転バスはゆっくりした速度で田沢湖岸を往復した(13日、秋田県仙北市)

実験はディー・エヌ・エー(DeNA)が受託し、通行止めした田沢湖沿いの県道約400メートルで実施した。運転席や運転装置のないフランス製の自動運転バス「ロボットシャトル」(定員12人)を使用。全地球測位システム(GPS)やセンサーなどで車両位置や周辺環境を把握しながら、最高時速約10キロメートルで関係者や市民ら約60人を乗せて往復した。実験では緊急時には車内の担当者らが停止できるようにした。

試乗した山本幸三地方創生相は「走行は安定していた。近未来のこの姿を全国に広げていきたい」と述べた。仙北市の藤村セイ子さん(77)は「地元は数年前にバスが廃止され、買い物などで車を運転しているが不安もある。乗り心地も普通のバスと変わらなかったので早く導入してほしい」と話した。

自動運転バスは8月に千葉市が所有する公園内で走行を実験した。仙北市などによると、公道での実験は4月のオランダに続き、世界2例目。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。