2018年8月17日(金)

桃のお花見、ひと足お先に 生産量日本一の山梨・笛吹

2017/2/14 12:33
保存
共有
印刷
その他

 桃の生産量が日本一の山梨県笛吹市で14日、ビニールハウスの桃畑で花見を楽しむ「ハウス桃宴」が始まった。市内の5農家が開花に合わせて順次、農業用ハウスを開放する。3月5日まで。花が続けば延長する。

 冬場の観光客誘致のため、石和町(当時)の呼びかけで始まった。

 この日公開した河野幸雄さん(67)のハウスの室温は約23度。21本植わっている桃の花はまだ2~3分咲きだが、招待された近所の幼稚園児や観光客が一足早い花見を楽しんだ。

 ハウス栽培は大雨やひょうの被害を防ぐため。露地の桃の花の見ごろは4月中旬という。河野さんは「農薬散布などで迷惑をかけているので恩返しです。地域の人によろこんでもらえたら」と話す。子供と一緒に花見をした笛吹市の菊地あゆみさん(37)は「ハウスでの花見は初めて。春の気分でうれしいです」と笑顔だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報