/

三重で観光バスとダンプ衝突 茶畑に転落、27人搬送

14日午前3時15分ごろ、三重県四日市市堂ケ山町の東名阪自動車道下り線で、27人が乗った大型の観光バスとダンプカーが衝突し、2台とも道路脇約2メートル下の茶畑に転落した。三重県警高速道路交通警察隊によると、双方の運転手と乗客ら男女計27人が病院に運ばれた。バスの50代の男性運転手が足を骨折する重傷、ほかの乗客らは打撲などの軽傷という。

高速隊によると、現場は片側2車線の直線。走行中のダンプカーにバスが後方から衝突したとみられる。2台はガードレールを突き破り横転したが、茶畑がクッションとなり衝撃が和らいだ可能性があるという。

ダンプカーには60代の男性運転手が1人で乗っており、「後ろから衝突があった」と説明。バスの乗員は「進路変更をしようとしたら、衝突した」などと話しているといい、高速隊が事故の詳しい状況を調べている。

高速隊やバスの運行会社(岡山県倉敷市)によると、バスは13日午後8時、千葉県浦安市の東京ディズニーランドを出発。JR新宿駅などを経由し、14日午前に倉敷市に到着する予定だったという。

運行会社によると、バスには運転手2人が乗り込み、交互に運転を担当。13日午後11時ごろ、東名高速道路の海老名サービスエリア(神奈川県海老名市)で交代した後、14日午前1時ごろに新東名高速道路の掛川パーキングエリア(静岡県掛川市)で2度目の交代をしたという。

その後、伊勢湾岸自動車道や東名阪道などを走行し、同日午前3時半ごろ、滋賀県内のサービスエリアで3度目の交代をする予定だったが、その直前に事故が発生した。運行会社は事故現場に社員を派遣するなどして、情報収集にあたるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン