/

虚偽ツイッターで発信者の情報開示命令 東京地裁

「安保法案に反対するデモで孫が死んだ」とするツイッターへの虚偽の投稿に1歳の娘の写真を転用され、肖像権を侵害されたとして、新潟市の30代夫婦が米ツイッター社側に発信者の情報開示を求めて仮処分を申し立て、東京地裁がIPアドレスなどの開示を命じる決定をしたことが14日までに分かった。

決定は9月30日付。代理人の斎藤裕弁護士が明らかにした。斎藤弁護士によると、インターネットに公開された写真を成り済まし目的で悪用し、発信者情報が開示されるのは珍しいという。

投稿があったのは今年7月で、国会前デモに連れて行かれた孫が熱中症で死亡したとする内容。写真が無断で添付され、「あの嫁はゆるせません」などと書かれていた。

娘の写真は夫が昨年8月、家族で別のデモに参加した際にツイッターに投稿していた。

IPアドレスはネット上の住所に当たるもので、10月3日に開示された。今後はプロバイダー(接続業者)に投稿者の開示を求めるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン