/

海上保安庁長官に中島氏 2代連続で現場出身

政府は14日の閣議で、海上保安庁の佐藤雄二長官の後任に中島敏海上保安監が就く人事を決定した。21日付で発令する。

海保長官は長年国土交通省のキャリアが務めてきたが、2代連続で現場出身者を長官に起用する。尖閣周辺の海域で中国との緊張関係が続く中、島しょ防衛を強化する姿勢を示す狙いがあるとみられる。佐藤氏は2013年8月に生え抜きとして初の長官に就任していた。

中島 敏氏(なかじま・さとし=海上保安長官)79年(昭54年)海上保安大学校卒、海上保安庁へ。14年警備救難部長。15年海上保安監。福井県出身、60歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン