/

ムヒカさん、4月に初来日 絵本「いちばん貧しい大統領」

「世界でいちばん貧しい大統領」の愛称で知られる南米ウルグアイの前大統領、ホセ・ムヒカさん(80)が4月に初来日することが14日、分かった。日本を訪れる理由を「本当の幸せについて、日本の人々と相互理解を深めたい」と説明している。

4月5日に来日、記者会見や大学生を対象にした講演会を行う予定。

ムヒカさんはゲリラ活動により投獄された後、1994年に国会議員となり、2010年から昨年にかけては大統領を務めた。給料の大半を貧しい人々に寄付し、古い愛車を自分で運転し、農場で質素に暮らす清貧ぶりで国民に愛された。

ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国際会議で12年に行ったスピーチでは、欲望に満ちた文明が人類を危機に陥れていると訴え、「私たち自身の生き方を見直さなければならない」と呼び掛けた。

演説は反響を呼び、日本では絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(編・くさばよしみ、絵・中川学、汐文社)の発行部数が16万部を超えた。今月下旬には、政治家としての業績を紹介する書籍がKADOKAWAから文庫で発売される。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン