山口淑子さんが死去 女優「李香蘭」、元参院議員

2014/9/14付
保存
共有
印刷
その他

共同

共同

戦前・戦中に「李香蘭」の名で人気を集め、戦後も女優、歌手として活躍し、参院議員も務めた山口淑子(やまぐち・よしこ、本名=大鷹淑子=おおたか・よしこ)さんが7日午前10時42分、心不全のため東京都千代田区一番町20の10の507の自宅で死去した。94歳だった。告別式は近親者のみで行った。

旧満州(現中国東北部)で育ち、1938年に満州映画協会から「李香蘭」の芸名でデビュー。日本でも長谷川一夫さんと共演した「支那の夜」などが爆発的な人気を呼んだ。歌も「支那の夜」の劇中歌「蘇州夜曲」などが大ヒット。41年の日劇公演では入場券を求める人々が劇場を取り囲み「日劇七回り半事件」と呼ばれた。

戦後、日本名の山口淑子で、「暁の脱走」や黒沢明監督の「醜聞(スキャンダル)」などの映画に出演したほか、米国の舞台や映画にも活躍の幅を広げた。

51年に米国の彫刻家イサム・ノグチさんと結婚するが後に離婚。外交官との再婚を機に一時芸能界から身を引いたが、テレビ番組の司会者として復帰し、ベトナムやパレスチナ問題のリポーター役を務めた。

74年、自民党から参議院全国区に出馬して当選。92年まで3期務め、環境政務次官などを歴任した。

著書に「『李香蘭』を生きて」「李香蘭・私の半生」(共著)など。時代の流れの中で2つの祖国を生きた半生を描いた作品は、テレビドラマやミュージカルの舞台でも取り上げられた。

2004年8月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]