/

しゃぶしゃぶの木曽路が偽装表示 安い肉提供

(更新)

しゃぶしゃぶ店「木曽路」を全国展開する木曽路は14日、大阪市と神戸市、愛知県刈谷市の3店舗で今年7月までに、メニューの一部に松阪牛や佐賀牛と表示しながら、別の安い和牛を計7171食提供していたと発表した。

同社の調査に対し、各店舗の担当者は「材料費を削減して店の利益を増やすため、意図的に違う肉を使用していた」などと説明しているという。

同社は店舗で申し出のあった客に対し、予約記録を調べたうえで、会社が定める差額相当額の食事券を渡す方針。

同社によると、メニュー表示と異なるしゃぶしゃぶやすき焼きを提供していたのは、北新地店(大阪市)6880食、神戸ハーバーランド店(神戸市)245食、刈谷店(刈谷市)46食。

2012年4月から今年7月にかけて、北新地店、神戸ハーバーランド店では松阪牛、刈谷店では佐賀牛とそれぞれ表示しながら、実際は1人前あたり1500~2000円程度安い別の和牛を使用していた。

7月に北新地店が消費者センターの調査を受けたことをきっかけに、全店舗を対象に牛肉の仕入れ状況などを調べたところ、3店舗で松阪牛などの販売量が仕入れ量を上回っていたという。

同社は社員教育の徹底など再発防止に取り組むとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン