台風19号、温帯低気圧に 2人死亡1人不明1人重体

2014/10/14付
保存
共有
印刷
その他

大型の台風19号は13日、鹿児島県に上陸し、九州や四国を通過した後、大阪府に再上陸した。14日朝にかけて関東から東北に進み、列島を縦断し太平洋に抜け、温帯低気圧に変わった。鳥取県と愛媛県で計2人が死亡し、静岡県で1人が行方不明。名古屋市で1人が意識不明の重体となり、転倒などで全国の約90人が負傷した。3連休の交通機関は大幅に乱れた。

各地の自治体が出した避難勧告の対象は静岡県で約77万人、宮崎県で約34万人、沖縄県で約21万人など全国で計約175万5千人に上った。

台風19号の通過から一夜明け、浸水の被害にあったきしわだ自然資料館の掃除をする人たち(14日、大阪府岸和田市)

台風19号の通過から一夜明け、浸水の被害にあったきしわだ自然資料館の掃除をする人たち(14日、大阪府岸和田市)

台風19号の13日の上陸が予想され、安全確保を優先するため、JR西日本は12日、京阪神の全路線で運転を取りやめると事前に予告し、13日午後から順次取りやめた。JR西によると、全路線で事前に運休を決めたのは初めて。また、13日は各地で予定されていたスポーツイベントなどの中止や順延が相次いだ。

航空各社によると、九州や四国の空港を発着する国内線を中心に13日朝から670便以上が欠航。14日も午前6時までに羽田―札幌間など50便以上の欠航が決まった。

気象庁によると、13日から14日にかけての1時間雨量は、兵庫県洲本市で83.0ミリの猛烈な雨を観測したほか、大阪府の関西空港で79.0ミリ、高知県四万十町で76.5ミリなど。

広い範囲が風速25メートル以上の暴風域に巻き込まれ、岡山県奈義町で瞬間風速39.7メートル、鹿児島県西之表市で39.4メートルの非常に強い風が吹いた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]