熊本地震1カ月、経済損失5000億円 避難者なお1万人超

2016/5/13 22:57
保存
共有
印刷
その他

熊本地震から1カ月。6月中旬の完成を目指し、仮設住宅の建設が進む(13日、熊本県西原村)=写真 小林健

熊本地震から1カ月。6月中旬の完成を目指し、仮設住宅の建設が進む(13日、熊本県西原村)=写真 小林健

熊本県で震度7を記録した地震は14日、発生から1カ月を迎える。同県などによると、交通インフラや農林水産業の経済損失は5千億円規模で、建物損壊は8万棟を超えた。避難所などで暮らす被災者はなお1万人以上に上る。

政府は13日の閣議で、復旧に向けた7780億円の2016年度補正予算案を決定。インフラ再建に使う7千億円の「熊本地震復旧等予備費」を創設。被災者生活再建支援法に基づき、被災者に最大300万円を支給する。

熊本、大分両県の農林水産業の被害額は1354億円に達し、高速道路や橋などの交通インフラの被害が3200億円になる見通し。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]