/

車いすテニス・国枝が敗退 3連覇ならず

パラリンピック

車いすテニス男子シングルス準々決勝でベルギー選手と対戦する国枝=寺沢将幸撮影

リオデジャネイロ・パラリンピック第7日の13日(現地時間)、車いすテニス男子シングルスの準々決勝で、国枝慎吾(32)はベルギーのジェラールに3-6、3-6で敗退した。前回ロンドン大会でパラリンピック史上初の連覇を成し遂げたが、3連覇は逃した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン