/

この記事は会員限定です

再審請求中に死刑執行 専門家ら賛否分かれる

[有料会員限定]

法務省が13日に死刑執行を発表した2人のうち、1人は再審請求中だった。再審請求中の死刑執行は1999年12月以来とみられる。弁護士から「無実を証明する新証拠が出てきた場合に取り返しがつかない」と反発が上がる一方、死刑囚の7割以上が再審請求しており、「裁判記録を十分に精査した上での判断ならやむを得ない」と理解を示す専門家もいる。

今回死刑が執行されたのは岡山市で2011年、元同僚の女性派遣社員を殺害...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン