/

東京メトロ、銀座線の一部運休 11月に4日間、渋谷駅移設で

東京地下鉄(東京メトロ)は13日、銀座線渋谷駅の移設工事に伴い11月5~6日と19~20日の計4日間、銀座線の一部区間を終日運休すると発表した。渋谷―表参道間と青山一丁目―溜池山王間を運休する。運休区間以外は折り返し運転し、半蔵門線などの他路線で振り替え輸送も実施する。

渋谷駅では混雑緩和や乗り換えの動線を改善するため、ホームを現在の位置から表参道方面へ130メートル移設する工事を進めている。

現在は乗車用と降車用で分かれているホームが移設後には1つになり、ホームの幅も7メートルから12メートルに広がる。ホームドアを設置するほか、JR線の改札口までの段差もなくなる。2019年度に使用を始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン