/

上田正昭氏が死去 88歳、古代史研究の第一人者

古代史研究の第一人者で京都大名誉教授の上田正昭(うえだ・まさあき)氏が13日午前7時54分、京都府内の自宅で死去した。88歳だった。告別式は近親者のみで行う。

兵庫県出身。中学時代に京都府亀岡市の小幡神社の社家、上田家に養子入り。国学院大専門部で国文学者の折口信夫らに学んだ後、1947年京大文学部史学科入学。卒業後は高校教諭を経て63年京大助教授、71年に京大教養部教授に就いた。

定年退官した後、91年から6年間、大阪女子大(現・大阪府立大)学長を務めたほか、アジア史学会会長などを歴任。京大在学中から小幡神社宮司でもある。

朝鮮半島や中国との関係を重視して日本古代史を分析。著書「帰化人」では渡来人が大きな役割を果たしたと訴えるとともに「戸籍がない段階に帰化人は存在しない」と指摘、ほとんどの教科書が「渡来人」と記述するようになった。他に「日本古代国家論究」「日本神話」など著書多数。

人権問題にも深くかかわってきた。歌人でもあり、2001年の宮中歌会始で召人を務めた。

03年勲二等瑞宝章。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン