/

首都の安全は我らが守る 警視庁、年頭2300人訓練

警視庁は13日、東京都江東区の夢の島総合警備訓練場で、新春恒例の「年頭部隊出動訓練」を行った。警察官約2300人が隊列を組んで行進し、警察犬部隊、航空隊ヘリコプターの編隊飛行や運河での警備艇の編隊航行も後に続いた。

行進の後に機動隊の銃器対策部隊によるテロリストの制圧訓練や、白バイ部隊の走行訓練なども公開された。沖田芳樹警視総監は「開催まで3年余りとなった2020年東京五輪・パラリンピックに向け、治安対策を着実に進めたい」と訓示した。

訓練は昨年まで東京・明治神宮外苑で行われていたが、五輪に向けた新国立競技場建設に伴い、今年から会場を変更した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン