/

小学校でのプログラミング教育、有識者会議が初会合

文部科学省は13日、小学校でのコンピューターのプログラミング教育に関する有識者会議の初会合を開いた。馳浩文科相が4月、政府の産業競争力会議で2020年度から小学校で必修化する方針を示しており、小学生にふさわしい教育内容や必要な機器など条件整備の在り方を議論する。

6月中をメドに提言を取りまとめ、20年度に導入する小学校の次期学習指導要領の議論に反映させる。

会議はNPO法人の担当者や大学教授、小学校の教員らで構成。先行導入した小学校での学習成果が報告された一方、必修化に向けては「指導者育成が課題だ」「コンピューターに振り回されないアナログ感覚も重要」といった意見も出た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン