2018年12月13日(木)

家賃滞納者「追い出し」、家賃保証会社に賠償命令
東京地裁

2016/4/13 21:09
保存
共有
印刷
その他

家賃滞納を理由に無断でアパートに新たな鍵を取り付けて追い出されたとして、東京都の40代男性が山口県岩国市の家賃保証会社「ラインファクトリー」に330万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(戸室壮太郎裁判官)は13日、同社に対して55万円の支払いを命じた。

同社は男性の家財も処分しており、戸室裁判官は「窃盗罪や器物損壊罪にあたる不法行為で、男性の精神的苦痛は重大だ」と指摘した。損害賠償は処分された家財の損害を30万円と算定し、ホームレス状態を強いられた慰謝料を20万円などとした。

判決によると、男性は神奈川県海老名市のアパートに入居。昨年3~4月の家賃計8万円を滞納すると、連帯保証人だった同社が玄関ドアに鍵を取り付け、男性は9日間公園などで過ごした。

男性は「追い出し行為で泣き寝入りしている被害者が多くいることを知ってほしい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報