/

医師国家試験の出題減少へ 18年から2日間で実施

厚生労働省は13日、毎年2月に実施している医師国家試験について、来年から出題数を現行の500問から400問に減らすと発表した。試験日程も3日間から2日間に短縮する。

厚労省によると、全ての医学部生が5~6年時の臨床実習前に受ける共用試験と重複がある「医学総論」と「医学各論」の出題を減らす。共用試験は、習得した知識の到達度を見るため2005年から正式に始まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン