/

訪問販売・電話勧誘「全く受けたくない」96% 消費者庁調査

消費者庁は13日、商品やサービスに関する訪問販売と電話勧誘についての消費者の意識調査結果を公表した。訪問販売については96.2%、電話勧誘については96.4%の人が「全く受けたくない」と答えた。

今年3月にインターネットで調査を行い、全国の20~70代の2千人から回答を得た。特定商取引法の見直しに関する消費者委員会の専門調査会の議論に役立てる。

調査結果によると、規制の在り方について、訪問販売は72.6%、電話勧誘は71.4%が「原則禁止」を求めた。このうち「消費者が依頼した場合にのみ勧誘できるようにしてほしい」と答えた人は、訪問販売で51.3%、電話勧誘で57.2%いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン