/

この記事は会員限定です

不登校児、公立校が受け皿に 支援新法で体制整備に期待

[有料会員限定]

不登校の子供への支援を打ち出した「教育機会確保法」が今国会で成立した。フリースクールなど学校外での学びの重要性を指摘する一方、学校や自治体にも子供が安心して教育を受けられる環境整備を求めている。同法の成立前から、不登校気味の生徒も通いやすい「特別支援教室」の設置や、特別な教育課程を認める「不登校特例校」として支援に取り組む公立中学を訪ねた。

カラフルないすやカーテンを組み合わせた明るい雰囲気のなか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン