/

電子マネーで詐欺容疑、高1男子ら2人逮捕 警視庁

東京都内のコンビニで米アップル社のプリペイドカードの番号を盗み見て、電子マネーをだまし取ったとして、警視庁少年事件課は13日までに、都内の高校1年の15歳と16歳の男子生徒2人を詐欺容疑で逮捕した。

同課によると、カードは店員がレジで有効化し、カード番号を専用サイトで入力する手続きが必要。2人は陳列されているカードをトイレに持ち込み、シールをはがして番号を盗み見たうえ、購入するように装ってカードを有効化させた後、「財布を忘れた」などと言って立ち去っていた。

盗み見た番号を使って、スマートフォンのゲームの有料アイテムを購入していたという。

警視庁は昨年12月、一般社団法人、日本フランチャイズチェーン協会にこうした手口について情報提供。コンビニ側は購入完了まで有効化しないなどの対策を進めている。

逮捕容疑は昨年9月26日、荒川区のコンビニで2万円分のカードを購入するように装い、電子マネーをだまし取った疑い。

同課は生徒らが昨年7~10月、他の都内のコンビニでも、少なくとも7回にわたり計7万円分の電子マネーを詐取したとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン