/

「フランク三浦」の商標認める 知財高裁「区別できる」

スイスの高級時計ブランド「フランク・ミュラー」を連想させる腕時計「フランク三浦」の製造販売会社(大阪市)が、商標を無効とした特許庁の審決を取り消すよう求めた訴訟で、知的財産高裁は13日までに、商標は有効と認める判決を言い渡した。

鶴岡稔彦裁判長は「全体の語感が似て紛らわしいが、外見などが異なり、明確に区別できる」と述べた。

また、100万円を超える商品も多いフランク・ミュラーに対して、フランク三浦の価格が4千~6千円であることや、「三浦」のブランド名が日本と関係する人物を連想させることを挙げ、「両者が混同される恐れがあるとは認められない」と指摘した。

判決によると、フランク三浦は2012年に商標登録された。特許庁は昨年9月、フランク・ミュラー側の請求にもとづいて登録を無効としていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン