/

震災復興願い「歓喜の歌」 ウィーンで市民ら合唱

【ウィーン=共同】東日本大震災の被災地復興を支援しようと、音楽の都ウィーンで12日、日本とオーストリアの市民合唱団の計約300人が参加し、ベートーベンの交響曲第9番のコンサートが開かれた。ウィーン少年合唱団も加わり「歓喜の歌」を高らかに歌い上げた。

12日、ウィーンで開かれた東日本大震災の復興支援コンサート(世界音楽合唱チャリティー協会提供)=共同

コンサートは世界的に有名な「楽友協会」の大ホールで開かれ、今年で4回目。シリアなどからの難民にも、人類愛や平和の象徴でもある「第9」を楽しんでもらおうと、約60人を招待した。

ウィーン室内管弦楽団の演奏で、著名歌手のマリアナ・リポブシェクさんや吉田珠代さん、ジョン・健・ヌッツォさんらも美しい歌声を披露した。

指揮したウィーン少年合唱団のゲラルト・ビルト芸術監督は「震災の犠牲者を思うとともに、希望を感じ取ってもらいたかった」と話した。コンサートの入場料と当日の寄付金は被災地、福島の子供の音楽教育を支援するために贈られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン