/

この記事は会員限定です

病院丸ごと世界に輸出、日本式で新興国開拓

新潮流をつかむ(1)

[有料会員限定]

世界トップクラスの長寿国、日本。その実現に大きな役割を果たした医療が今、揺らいでいる。膨大な費用負担、世界的な薬や技術の開発競争、多様化する患者のニーズ。難問を前に将来の展望が開けない。再び世界に誇れる「医出づる国」はつくれるのか。大胆な改革が求められている。

急速な発展への期待から「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマー。7月25日、首都ネピドーで一通の覚書の締結式が開かれた。

同国最大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン