2019年3月20日(水)

大人が思うより頑張り屋? 子供との意識差、民間調査

2017/5/15 12:59
保存
共有
印刷
その他

博報財団こども研究所は小中学生の子供、保護者、教員の3者を対象に意識調査を実施し、70%前後の子供が「負けず嫌い」「最後まで諦めない」と自己評価したのに対し、保護者や教員による評価は低かったとする結果を公表した。

調査は昨年11~12月、小中学校の1学年当たり男女各100人の子供(計1800人)と、その保護者1800人、小中学校の教員千人を対象にインターネットで実施した。

「負けず嫌い」が今の自分に当てはまると答えた子供は73.1%だったのに対し、保護者の評価は66.6%、教員の評価は49.4%。「最後まで諦めない」も子供68.4%に対し、保護者54.9%、教員47.7%で、大人の評価は子供の自己評価より6.5~23.7ポイント低かった。

逆に「かわいい」は子供21.2%に対し、保護者82.9%、教員59.0%、「才能がある」は子供36.3%に対し、保護者69.2%、教員46.1%と、子供の自己評価より大人の評価が9.8~61.7ポイントも高い結果となった。

同研究所は「外見や潜在的な力は子供は過小評価し、親は欲目や期待から高く出ている。一方で、子供は将来の姿に向けて現実に努力しているとの自己評価だが、大人はもっとできると見て、期待値が高くなっているのでは」と分析している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報