/

台湾警察、不正B-CAS販売で男2人逮捕 海外での摘発は初

【台北=共同】日本の衛星放送を全て無料で見られるよう不正改造した「B-CAS(ビーキャス)カード」をインターネット経由で日本向けに販売したとして、台湾警察当局は13日、著作権法違反の疑いで台湾人の男2人を逮捕したと発表した。

不正カード摘発は日本各地で相次いでいるが、告訴していた日本のカード管理会社によると、海外の関係者の摘発は初めて。

警察当局によると、2人は台湾で不正カードを作成、「BLACKCAS社」名の日本語サイトを通じ2012年以降、約2万枚の不正カードを1枚約1万~約5万円で販売した疑い。著作権の侵害額は約1700億円に上るとみられるという。

警察当局は関係先から不正カード1万枚超やカードリーダーなどを押収、共犯者がいるとみて調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン