/

放医研、被曝5人の肺からプルトニウム非検出

日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で作業員5人が被曝(ひばく)した事故で、量子科学技術研究開発機構・放射線医学総合研究所(千葉市)は12日、5人の肺からプルトニウムを検出できなかったと発表した。

ただ、一部の作業員の肺から別の放射性物質「アメリシウム」が検出され事故時の汚染状況などから内部被曝の可能性は高い、とした。

原子力機構は1人の肺から最大2万2千ベクレルのプルトニウムが検出されたと発表していた。

放医研は7日に5人を受け入れ、体の表面に付いた放射性物質を洗い流した。その後、原子力機構と同じ方法で全員の肺を3~4回調べたが、プルトニウムは検出されなかった。

最大2万2千ベクレルを検出した原子力機構の最初の検査では、体の表面に付着した放射性物質をふき取るなどの除染を実施した。量研機構の明石真言執行役は記者会見で「体表に残っていた放射線物質が影響したと考えられる」と説明。除染が不十分だった可能性を指摘した。

5人はしばらく入院を続けて尿や便などを検査する。その後、放射性物質の排出を促す薬剤の再投与の必要性や入退院の判断をする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン