/

「超温暖化」終息メカニズムの証拠をインド洋で発見 東大など

東京大の加藤泰浩教授の研究チームは、急激な気温上昇を伴う「超温暖化」が約5600万~5200万年前に繰り返し起こり、そのたびに海のプランクトンの光合成が活発になって大気中の二酸化炭素(CO2)を減らしてきたことを示す証拠をインド洋の堆積物から発見した。

英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に12日、発表した。温暖化と終息の地球規模のメカニズムの解明につながる可能性がある。

研究チームは、インド洋の深海にある堆積物の成分を詳しく調べた。数千年で9度近く気温が上がった大規模な現象を含め、温暖化が急激に進んだ時期は硫酸バリウムという成分が多かった。

この成分は大気中のCO2が有機物に変わって海に沈む過程でできる。海のプランクトンの光合成が盛んになり、海中にCO2を封じ込めた結果、大気中のCO2が減ったと考えられるという。CO2濃度の低下とともに温暖化が終息したとみられる。

研究チームの安川和孝・東京大助教は「地球には温暖化をやわらげる自浄作用があるが、現代の温暖化はかつてよりスピードが速く、同じような自浄作用が効くかどうかはさらなる研究が必要」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン