2017年11月22日(水)

ノーベル賞受賞の大隅さん、財団設立 基礎研究を支援

2017/9/12 20:28
保存
共有
印刷
その他

 昨年にノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大の大隅良典栄誉教授らは12日、基礎研究を支援する一般財団法人「大隅基礎科学創成財団」を設立したと発表した。まずはノーベル賞の賞金などから計1億円を拠出し、基礎研究への助成を始める。理事長を務める大隅さんは都内で記者会見し「科学を覆う閉塞感を少しでも取り払う一助にしたい」と語った。

 研究助成は、簡単には答えが出ない挑戦的で面白い研究が対象となる。2018年春にも基礎生物学の分野で始める。

 企業と大学の研究者の交流を促す仕組みづくりにも取り組む。大隅さんは「短期の共同研究ではなく、長期的な視点で双方に利点のある関係を築けるはずだ」と話した。

 今後は個人や企業から寄付や会費を募り、財団全体で20億円程度の規模を目指すという。大隅さんは「(科学技術予算の)限られたパイを奪い合うのではなく、パイを大きくすることを真剣に考える必要がある」と語った。

 今回の財団とは別に、東工大は大隅さんの寄付を原資に学生の進学などを支援する「大隅良典記念基金」を設けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報