/

アカアシカツオドリの集団繁殖を初確認 南硫黄島

東京都は12日、世界自然遺産に登録されている小笠原諸島の南硫黄島で、希少な海鳥「アカアシカツオドリ」の集団繁殖を国内で初めて確認したと発表した。

アカアシカツオドリは太平洋などの熱帯・亜熱帯の島しょ部に生息。環境省のレッドリストで近い将来絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」に分類されている。

人が立ち入れない崖の上をドローン(小型無人機)で空撮した。調査に加わった森林総合研究所の川上和人主任研究員は「小笠原諸島の生態系を研究する上で貴重な発見だ」と評価している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン