老いるバス、増える火災 競争激化で更新難しく

2016/1/13 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この年末年始、東京や北海道、長崎でバス火災が相次いだ。幸いにもけが人はなかったが、一歩間違えば重大事故につながった可能性がある。国土交通省によると、2015年に起きたバス火災は23件(速報値)で11年ぶりに20件を超えた。「老朽化したバスの増加が一因」との指摘もあり、国交省はバス業界に整備や点検の徹底を求めている。

「運転席の後ろから突然火が出た」。東京都豊島区池袋2の路上で昨年12月28日朝、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]